自動車カタログ







[PR]



自動車オークションや中古車の購入

自動車オークション


最近ではオークションはインターネットのおかげでどのようなものなのか、多くの人がご理解しているのではないでしょうか。
入札額が設定され、入札額が増えていく事もあれば、価格と価値が見合っていなければ入札される事も稀になってくるでしょう。
このように、オークションにも様々なドラマがあるのですが、自動車もオークションが行なわれています。
自動車オークションは大きく分類すると二種類でしょうかね。

業者向けに行なわれている中古車オークションと、インターネットオークションです。
業者向けの中古車オークションは一般ユーザーが購入出来るのではなく、中古車業者として登録している業者のみが参加する事が出来るものです。
そこで売買されている中古車は品質が良い事で知られている車種ばかりですので、誰にとっても決して無駄にはならないであろうと言われているのですが、当然ですが業者しか参加する事が出来ませんので、エンドユーザーにとってはあまり馴染みはないのも当然です。
一方のインターネットでのオークションは誰もが参加出来ます。

インターネットオークションに参入している中古車業者も珍しくありませんしね。
インターネットオークションで自動車を購入するメリットは何と言っても業者を挟みませんから格安で入手出来る可能性がある点でしょう。
とはいえ個人からの購入になる事もあります。
その場合相場よりもかなり安く購入する事が出来るでしょうが、メンテナンスがしっかりと行なわれている訳ではありませんからその点では不安に思ってしまう部分もあるでしょう。

極論ではありますが、それこそ購入して初めて乗る際に何かトラブルに見舞われる可能性もゼロではないのですから。
一方業者が出品している自動車オークションの場合、メンテナンスも行なわれていますので個人から購入するよりは安心でしょうが、最近では店舗でも同時に販売している業者も増えてきていますから、熟考した末に入札したのに「もう売れてしまいました」と告げられる事もありますので、オークションで自動車を購入する際には在庫があるのか。
その点もしっかりと確認しておかなければならないでしょうね。
また、支払方法や納車方法など細部もしっかりと話し合わなければならないですし、何より一度現車を確認しておくべきである点はわざわざ言うまでも無いでしょう。
モニター越しの画像だけを見て購入を決めるのはリスクが大きいものになってしまいますから。
自動車の価格や相場の情報サイト車INFO新車の値引き情報や中古車の購入・買取査定情報、カーリース、自動車保険など自動車の購入に関わる情報を発信中。
新車の値引きと中古車価格のThe車com車に関する検索・リンクサイト。地域・カテゴリーごとの検索も可能。メーカー・車種別の情報やニュース、リコール情報なども提供。
CAR&BIKE NAVI-自動車とバイクの情報サイトCAR&BIKE NAVI。このサイトは自動車とバイク関連サイト専門の検索サービスです。車又はオートバイに関連のあるHPをお持ちの方なら、どなたでも登録可能です。
新型車のニュースや価格相場の事ならcar-jp自動車の最新ニュースや新車値引き情報、中古車の価格相場や買取価格ほかカーリースやカーシェアリングなど自動車に関する情報を網羅。
車の情報屋日本の各自動車メーカーが製造・販売する自動車の概要や基本スペック、コンセプト・メカニズムなどを紹介しています。
中古車の購入や新車の値引きなどThe自動車新車値引きや中古車・買取査定情報、自動車保険・新型車・燃費などに関する総合情報ページ。
The値引き-自動車・新車-新車の値引き情報サイト。車種ごとの値引き情報や購入時の心得、ディーラーとの交渉の進め方など。
自動車保険の比較と見積自動車保険の基礎知識の解説やタイプ・種類の説明、安くする方法の紹介、お勧めタイプの判定、お勧め特約の判定など。

中古車購入のポイント


 中古車の購入の際に気になるポイントは、人により様々かと思います。値段は勿論のこと、走行距離や年式といったところも重要な要素。そんな中でも「修復歴の有無」を重要なポイントとして見る人も多いでしょう。皆さんは、「少しでも修理したら修復歴のある車である」、と認識してはいませんか?実はその認識には大きな誤りがあるのです。

 日本自動車査定協会、JU中販連などで統一基準とされている修復歴車の定義とは、次の部位の交換、又は修正・補修を行った車とされています。

1. クロスメンバー(フロント、リア)
2. サイドメンバー(フロント、リア)
3. インサイドパネル
4. ピラー(フロント、センター、リア)
5. ダッシュパネル
6. ルーフパネル
7. センターフロアパネル
8. フロアサイドメンバー
9. トランクフロアパネル
10.ラジエターコアサポート(交換のみ)

 これらの部分にはそれぞれ修復の程度も細かく基準が設けられており、いずれの部分に関しても交換を行っている場合は修復歴有りとなります。上記項目から見て分かるとおり、主に自動車の骨格となる部分の修復が対象となっています。バンパーの交換などを行ったとしても、修復歴有りとはならないのです。全ての事故、修理及び交換が“修復歴有り”となる訳ではないことがお分かりいただけたでしょうか。

 一般的に、修復歴のある車というのは良いイメージはありません。“悪い”といってもよいでしょう。「修復歴のある車は絶対にダメだ」という方も少なくないと思われます。しかし、本当にそうなのでしょうか?一言に修復といってもその程度は様々であり、全ての修復歴車が大きな損害を受けた車というわけではありません。程度が軽度なものや修復をしっかりと行っているものなど、外観だけでなく性能に関しても全く問題のない車も多く存在しているのです。また、事故を起こしていなくても修復歴有りの条件に当てはまれば修復歴有りとなります。“事故歴”と混合されがちですが、それとは別物であることを認識しておきましょう。

 修復歴の基準を偽って販売する業者が存在するのも事実であり、容易に修復歴有りの車を進めるというわけではありません。しかし、予算が少ないなどの場合には軽度の修復歴車を選択するのも一つの手ではあります。その際には、修復歴の表示が明確である場での購入が必須となるでしょう。オートオークション直販店など、修復歴の表示を正しく明記してくれる場を介することができれば理想的です。

The査定com(中古車の買取価格)中古車の買取査定についてその価格相場や高く売るためのコツなど。
価格情報なら中古車NOW中古車の購入や中古車査定に関する情報サイト。購入時のお店の選び方や買取査定の準備など。
車の買換えなどの際に利用される買取査定について、下取りとの違いや高く買ってもらうコツなどを紹介。

車は高価なモノですので、売却にあたって予備知識をしっかり仕入れておくことは大変重要です。交渉の巧拙によって数万円から場合によっては10万円以上買取価格に差が出る場合もあります。正しい知識を身につけて少しでも高く買ってもらいましょう。

査定情報と車の買取価格車を買い取りに出すと商談が成立した時点で車を引き渡す必要があり新しい車の納車まで困ることがありますが、最近では車の引渡しを納車まで待ってくれたり無料で代車を貸してもらえるような買取業者も増えており随分便利になってきています。




Naruse Contents Planning


カレンダ
2017年11月
     
24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ
2011年 (2)
4月 (1)
11月 (1)
2012年 (3)
2月 (1)
4月 (1)
6月 (1)
2013年 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:6
昨日:30
累計:466,699